ホロウ・クラウン 嘆きの王冠 シーズン1 第4話

その他

気持ちを新たに。第4話。

それから年月が経ち、新王ヘンリーの治世が続いていました。

新王ヘンリーの息子ハルは、王太子なのに、昼間から居酒屋通いのダメな奴。

肥満で酔っ払い腐れ騎士フォルスタッフら悪友とつるみ、悪評が立ち、王も嘆く。

しかし、ハル本人は、今の自分はやる気スイッチが入っていないだけ。やる気スイッチさえ押せばいつでも本気を出せると、独白でうそぶく。

北方では、ノーサンバーラント伯が王権に挑戦しようとする不穏な空気あり。ノーサンバーラント伯の息子ホットスパーこと、パーシーは勇敢な騎士。王太子ハルと比較しても、できる男は違う。

ハルの悪友フォルスタッフは、王国の集金官から税金強盗することを画策する。税金を奪って一攫千金だ。ハルを誘うが、ハルは計画にのらず。

フォルスタッフは決行。見事税金を奪うが、覆面のハルに税金を奪い取られてしまう。

居酒屋に戻ってきた、フォルスタッフは、ハルに税金強盗の武勇伝で大口をたたく。しかし、ハルも現場の目撃者だったため、事実を暴露されて、フォルスタッフは馬鹿にされる。

フォルスタッフは、その程度で、気にする男じゃない。居酒屋内で、どんちゃん騒ぎ。王様ごっこをして、ハルに親愛の情を試す。

ここのどんちゃん騒ぎは、演劇的で、楽しさを表現しているのだと思うけど、現代人はおいてけぼりで退屈だ。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました