ベルサイユのばら

その他

1755年、ヨーロッパの3つの国に、やがてフランスのベルサイユで運命的な出会いをする3人が生まれる。

1770年春オーストリア帝国のハプスブルク家の末の皇女マリーアントワネットは14歳でフランスのブルボン家に嫁いでくる。その時に護衛する近衛士官オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェは由緒ある将軍家の末娘でありながら、後継ぎとして学問や剣を修め、男として育つ。異国の宮殿での窮屈な生活に嫌気をさし、アントワネットはオペラ座の仮面舞踏会で、スウェーデンの貴公子フェルゼン伯爵と知り合い、恋に落ちる。3人とも18歳。運命の出会いをした夜でもある。

ルイ15世が逝去し、孫のルイ16世が即位しアントワネットは王妃となった。自分の大好きな人達に囲まれ、大好きのおしゃれを楽しむ王妃の浪費ぶりな国家の財政難に拍車がかかる。重税と貧困に喘ぐフランス国民の非難の目は王妃の母国オーストリア出身の王妃に向けられる。また、かねてからのフェルゼン伯爵との不倫の噂は、一層嫌悪のを煽り立てることになる。そして。道ならぬ恋に苦しむ二人を見守るオスカルもまた、秘めたる愛に耐えている。そして、そのオスカルに身分違いゆえに想いを告げることができずに苦しむアンドレ。

国難と叶わぬ恋模様。どのような未来が待っているのか・・・。史実とフェクションの違いを見つけたりする楽しみもあります。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました