プロミスト・ランド 無料・あらすじ・ネタバレ

ドラマ

アメリカ、アイオワ出身のマット・デイモン演じるエネルギー会社グローバル社の部長。

田舎に派遣され、土地を買う営業を、ベテランの女社員とする。町の主要産業は農業で、税収は右肩下がり。

シェールガスが町でとれることが分かったことから、グローバル社は土地を買収していく。

一戸ごとに契約をとり、子どもの教育費をだしに、順調にすすめていく主人公。顔役からは、高いマージンをとられそうになるが、何とか切りかわす。

町の集会の前日、バーで、馬が合う女教師と会い、酔いつぶれて、寝坊。町の集会では、元エリートの老人教師が反対意見を述べ、苦戦する。投票は3週間後。

町には、ライバルの環境団体の若者が現れ、ピンチ。バーで、自分の地元でも、グローバル社によって生活をめちゃくちゃにされたと言い放ち、歌を熱唱。町の人の心をつかむ。

主人公と女社員は、この環境団体の若者に接触。お金を渡した。しかし、若者の活動は終わることなく、学校での環境授業を行ったり、ビラ活動をする。バーで知り合った女教師もとられる始末。

主人公たちは、町で祭りを開催するが、雨天で、失敗に終わる。見かねた元エリートの老人教師が家に招き入れ、主人公と話をかわす。

その後、グローバル社から訴訟結果の連絡があり、環境破壊の写真は環境団体による嘘だったことが判明。主人公は勝利の確信を得る。

主人公は、女教師に連絡。環境団体の若者にも接触。環境団体の若者は、誰からも呼ばれず、グローバル社が派遣。主人公の働きをよくするためにグローバル社員だったことが分かった。

投票日当日、主人公は、面子をつぶされたためか、グローバル社に逆らい、町の人が自分で決めるように演説。主人公は、グローバル社から解雇された。

主人公は、女教師の家に行き、終了する。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました