テルマエ・ロマエ

その他

時はハドリアヌスの時代、西暦130年の古代ローマ。浴場を専門とする設計技師ルシウスは、革新的な建造物が次々に誕生する世相に反した昔ながらの浴場の建設を提案するが、採用されず事務所と喧嘩別れし、失業状態になった。

落ち込むルシウスを民衆浴場に誘う友人マルクスと共に浴場に訪れたものの、周囲の騒々しさに耐え兼ね湯に身を沈めた先に浴槽の壁の一角に奇妙な排水溝を見つける。仕組みを調べようと近寄ると足をとられ吸い込まれてしまう。水面に顔をだすと、ローマ人と違う平たい顔の民族がくつろぐ姿を見てしまう。そう、この平たい民族こそが、日本人である。浴場を介してタイムスリップしたルシウス。自分の意志とは別に古代ローマと現代日本を行き来し、日本の風呂で得た知識をローマで設計公安に生かし、自らの創意工夫ではないという後ろめたさがあるものの浴場専門空間プロデューサーとして時の皇帝ハドリアヌスの信頼を勝ち取ることになる。

ローマ帝国は有名でも、浴場という独特な視点から日本とローマの浴場の違いを見るのは良い勉強になった。

このテルマエ・ロマエは二度映画化され、ほぼ全て古代ローマ人役を濃い顔の日本人俳優が違和感なく演じるという面白い作品である。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました