オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第3シーズン 第35話

歴史

皇子メフメトは、ヒュッレムに、県で仕事をしたいと言う。

マニサでは、間諜が入っていることに神経質になっている。

大宰相イブラヒムは、皇帝への毒がフィルーゼによるものだと気付き、皇帝に話すが、皇帝は話を止める。

ミフリマーフとのやり取りを、タフルジャルが火にくべるところを、マヒデブランに見つかる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました