ジョン・アダムズ 6 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

アダムズが大統領になった。フランスではボナパルトが君主制を敷き、欧州制覇の勢い。アメリカも態度を決めなければならない。

親仏派のジェファソンに、大使になってタレーラン外相とやりあってほしいと頼むが、承諾しない。

タレーランは、アメリカへの侮辱の言葉を吐く。劇場では、反フランスの機運が高まり、大統領への称賛の拍手がわく。

オランダ大使になった息子から、フランスと戦争をしない協定の話を聞く。改めて、アメリカは和平の道を探る。

アダムズは、ハミルトンの陸軍を解散させ、ワシントンから引き継いだ閣僚も辞めさせる。

この結果、選挙は負け、ジェファソンが大統領に、

アダムズは、酒におぼれた息子の死、投機に負けた婿を見届け、新都市ワシントンから故郷へ帰る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました