ジョン・アダムズ 5 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

アダムズは副大統領になり、上院の議長に。大統領の敬称問題を提案、反対される。そこからずんぐり閣下と呼ばれることに。

ワシントン大統領や閣僚の話に加わることもなく、副大統領になったことを後悔する。最初の大統領選挙で、ワシントンを満場一致で推薦するという陰謀が行われたことを聞き、忌まわしき前例ができたことに憤慨する。

フランスで革命が起り、英と対立する。アメリカとしても、態度を決めなければいけない。国務長官のジェファソンは、フランスを支持する。一方、財務長官のハミルトンは、イギリスを支持する。

ワシントンは、通商しているイギリスを支持することを表明。ジェファソンは、辞職する。

ワシントンは2期で大統領を辞職。大統領選挙が行われる。そこでアダムズは大統領に選ばれる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました