ジュラシック・ワールド/炎の王国

パニック

超有名な恐竜のパニック映画。5作目。

男の主人公は、研究者で、ジュラシックパーク閉園前に、恐竜を育て、仲良くなっていた。

シリーズ毎回思う。なぜ行く?探検隊は恐竜島へ。

首長サウルスがでてきて、お決まり、Tレックスが出てきて襲われる。地下に閉じ込められるが、Tレックスに襲われながらも何とか、地上へ脱出。

火山が噴火し、たくさんの恐竜とともに、逃げ下りる。途中、透明な球体に乗り、Tレックスに襲われながらも、崖下へ。主人公が球体の中の仲間を助ける。

一緒に来た探検隊の護衛部隊は、敵になり、船で島外へ。主人公が育てた恐竜は島外に連れていかれる。主人公も助けるため船に乗り込む。

うっそうと茂った森の中に巨大な館が。館の地下は、研究所になっていた。遺伝子組み換えで新しい生物を作り、ビジネスに利用していた。

恐ろしい恐竜が作られていた。凶悪なラプトル。館では、恐竜オークションも行われ、このラプトルが出品される。

凶悪ラプトルは暴れ出し、人間を襲い始める。主人公は館で恐竜を殺処分するのを拒否し、館の外へ恐竜を放つ。

やっぱりジュラシックシリーズは面白い。毎回見てしまう。

このコンテンツは、WOWOWで見られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました