ガラスの仮面

その他

かつて一世を風靡した劇作家尾崎一連。その舞台「紅の天女」で主役を演じ、大女優と呼ばれた月影千草も今や引退し、静かな余生を送っていた。そんな頃、大都芸能の社長速水真澄と演出家の小野寺は、紅の天女の上演権をもつ月影から許可を得て。女優姫川歌子主演で上演しようと画策する。しかし、月影は、紅の天女は自分か自分が育てた女優にしか演じることができないと彼らを拒絶する。そして、10年まって自分が育てた女優が演じられなかったら、速水らに譲ると言い放つ。

そのころ、月影は貧しい家で育つ北島マヤと出会う。マヤは平凡な少女だが一度見た芝居や映画のセリフや役者のセリフや動作など間違えずに記憶する特技を持つ少女で、役に憑かれたように演じるマヤに才能を見出す月影。マヤは心底演技が好きだと自覚する。そんな中、有名な劇団オンディーヌの入団試験を受けにいくが授業料が払えず帰ろうとしたが、ふとしたことで、パントマイムの試験を受けることに。そこに姫川歌子の娘亜弓は、マヤの演技に衝撃を受ける。両親とも有名で、自分は美貌と才能のある演技をするサラブレットの亜弓は、今まで脅威を抱く相手がいなかったが、マヤを見て自信が揺らぐことになる。

月影は劇団を立ち上げ後継者争いをするため、マヤと亜弓は競いあいながら、切磋琢磨する。マヤは小野寺たちから嫌がらせを受けたりしながらも情熱を忘れず立ち向かう姿を見て個人としての速水はマヤに心惹かれていく。

紅の天女は誰が演じるのか?速水とマヤの関係は?気になるところが多く楽しみでもある。

ロングセラーでテレビ化・アニメ化・舞台化・音楽劇化・OVA化・紅の天女の能など活動の場所がどんどん広がっている。

このコンテンツは、U-NEXTで見られます。

U-NEXTを見る

U-NEXTって何?

↓↓40%ポイントバック中!映画も。ラノベも。マンガも。

NetflixもFODも無料期間がなくなったり短くなってしまっています。入るならお早めに。

通常バナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました