オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~第7話

歴史

ヒュッレムは、皇帝妃マヒデブランに、怪我を負わされた。必至に隠す女官長たち。

皇帝は、ヒュッレムを呼ぶ。それでも来ないヒュッレム。居ても立っても居られない皇帝は、後宮へ自ら赴く。

ヒュッレムの痛そうな顔を見た皇帝は、怒り、誰にやられたかをヒュッレムに問う。ヒュッレムは、なかなか声に出さない。現れた単語でマヒデブランと気づく皇帝。

皇帝はマヒデブランのところへ行き、マヒデブランはいないと面と向かって言う。マヒデブランは愛想をつかされる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました