オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~第48話

歴史

レオは、監禁され、ヒュッレムと婚約者だと自白。

イブラヒムの自宅での会食で、イブラヒムはそれとなくレオとの話を知っていることをヒュッレムに気づかせる。

ヒュッレムは、倒れるが、妊娠だった。ヒュッレムは、イブラヒムの自宅へ訪問。

イブラヒムは、レオを連れだし、ヒュッレムを脅す。ヒュッレムに死ぬよう強要。お菓子に毒薬をかけ、ヒュッレムに渡す。

皇帝はサドゥカによりナイフを首元に押し付けられピンチに。

シーズン1終了。イブラヒムと皇帝の信頼関係が崩れつつあり、イブラヒムの独断が目立つように。

レオとヒュッレムとの昔の婚約関係は、ヒュッレムの身辺を危険にさらすようなものだったろうか?

イブラヒムが突然、皇帝のお気に入りのヒュッレムを死まで追い詰めたり、帝国の所有物の皇子に危害を加えるという決断が納得いかない。冷静沈着のイブラヒムが。

愛をテーマにしたドラマなので仕方ないのかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました