オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~第45話

歴史

ギュルシャーが刺したのは、狙いのヒュッレムではなかった。ギュルニハルだった。

ギュルシャーは、マヒデブランに気づかれ、顔を殴打される。部屋から出されたあと、マヒデブランに部屋から戻れと言われるが、階段を落ちる。

ギュルニハルとギュルシャーは、診療所で治療を受ける。

ギュルシャーは、ニギャール女官長に、すべてを吐かされる。

ニギャール女官長は、マヒデブランに、証拠のナイフを見せつけ、マヒデブランから口止め料を提案される。

イブラヒムは、独自に調査を開始する。皇帝は、先の毒物事件の犯人も知っており、イブラヒムが隠していることも知っていると語った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました