オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~第44話

歴史

皇子メフメトは、皇子ムスタファに、自分が皇帝になる、と発言。

皇子ムスタファは、イブラヒムが皇帝と仲がいいことに対し、つらく当たる。

イブラヒムは、皇帝に処刑される悪夢を見る。

ヒュッレムは、ギュルシャーをねずみと呼び、側女たちからも、ねずみと呼ばれる。台所でナイフを手に入れ、マヒデブランが見ていないうちに、ヒュッレムの部屋へ。

部屋のベッドで寝ていた人間をメッタ刺しにする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました