オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~第4話

歴史

アレクサンドラは、皇帝からヒュッレムの名をもらう。

部屋へ戻り、改名を自慢するヒュッレム。自分の部屋を与えられる。

2階に登り、見下ろすヒュッレム。皇后と皇帝妃がやってきて、皇帝妃は、ヒュッレムに踊りを強要する。

皇后は怒り、ヒュッレムを牢につなぐ。

皇帝は執務の間も、ヒュッレムのことを忘れない。

ヒュッレムが牢につながれていることを知ると出せと命令する。

ヒュッレムは、牢から出て、皇帝のもとへ。目隠しをされて、指にあのエメラルドのダイヤをはめられた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました