オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第4シーズン 第46話

歴史

ヒュッレム妃は、皇子ジハンギルが、皇子ムスタファに協力的なのを見て非難する。

皇子ムスタファ派の同盟グループは、帝国各地の地方に散らされる。

ヒュッレム妃は、皇帝に、皇子ムスタファとペルシア王女との同盟の噂を口にする。

高官のカラ・アフメトは、皇女ファティマへの愛を語るが、口下手のため、皇女ファティマは嫌がる。

ソコルルは、皇帝に、ムスタファ皇子の謀反の疑いを申しあげる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました