オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第4シーズン 第34話

歴史

リュステムは、皇帝に、大宰相の印を返そうとする。自分は、大宰相になりたくてミフリマーフと結婚したのではなく、愛していたから結婚したと話す。

バヤジト皇子は、ムスタファ皇子の秘密結婚をしたのを話したのが、ハティジェの娘フーリジハンだと知り、二度と顔を見たくないと言う。

セリム皇子は、法廷に訴える商人と妻を殺害する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました