オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第4シーズン 第32話

歴史

皇女ミフリマーフは、秘密の手紙をアルカス王子のものとばかり信じて、リュステム・パシャとの離縁を言う。

母のヒュッレム妃は、皇女ミフリマーフの独断によって、弟皇子たちに危険が増すことを警告する。

その秘密の手紙は、アルカス王子のものではなく、皇女ファトマが書いた偽恋文だった。

ペルシアから亡命してきたアルカス王子は、皇女ファトマへ関心を向ける。

ムスタファ師父は、皇帝に手紙を送り、ムスタファ皇子とミフリュニーサ妃が秘密に結婚をしていたことを知らせる。

ムスタファ皇子とミフリュニーサ妃の子の名を、弟と同じメフメトと名付ける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました