オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第4シーズン 第18話

歴史

皇女ミフリマーフは、大宰相リュステムと別の部屋で寝る。それを聞いた皇女ファトマは、皇女ミフリマーフに、元恋人マルコチョールが結婚したこと、こどもがいることを話す。

マトラークチュは、皇帝に、皇子セリムの行状を話す。皇帝は皇子セリムに怒る。ヒュッレム妃は、側女ヌールバーヌーに注意するよう手紙を書く。

皇子ジハンギルと皇女ハティジェの娘フーリジハンは、皇子バヤジトのいるキュタフヤへ。そこで二人の恋にいら立つ皇子ジハンギルは、帰りたいと言う。弟を想う皇子バヤジト。二人を帰す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました