オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第4シーズン 第14話

歴史

皇帝は、皇子ムスタファに、攻められる夢を見る。

皇子バヤジトは、皇帝に報告しようとするところを、皇子セリムに止められる。皇子セリムは、皇子バヤジトが任地を離れたことで責め、口止めする。

提督は、皇帝に、職を退くことを願い出る。

皇帝から、皇子メフメトの死を思い出すことを聞いたヒュッレム妃は、皇帝の子をはらんだ側女を殺すことを止める。

スンビュル宦官長は、女行商人と一夜を共にする。スンビュル宦官が寝ている間に、ヒュッレム妃から頼まれた手紙を盗み見られてしまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました