オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第4シーズン 第12話

歴史

側女ヌールバーヌーは、皇子セリムのために、法廷に訴えようとする女の面倒を見る代わりに、訴えを止めるよう提案。それを皇子セリムに見られる。

宮殿に、皇女ファトマの元夫がやってきて、ヒュッレム妃が接触。ヒュッレム妃は、元夫を利用して、皇女ファトマをけん制することを考える。

提督の娘ミフリュニーサは、皇子ムスタファに振られて、落ち込む。

コメント

タイトルとURLをコピーしました