オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第3シーズン 第86話

歴史

リュステムは、大宰相ルトフィーの後釜が自分ではないかと内心考える。しかし、皇帝スレイマンが選出したのは、同名のスレイマンだった。

皇帝スレイマンは、修道僧が投げた帽子の意味が、家族に難あり、という伝承を信じ、ヒュッレム妃とこどもたちが死ぬ夢にうなされる。

皇帝スレイマンは、皇子ムスタファを召喚。ムスタファの任務地マニサを召し上げ、任務地アマスヤへ移す。

皇子ムスタファは、無邪気な時間は終わったと皇帝に発言、皇帝は怒る。

マヒデブランは、ヒュッレム妃の部屋の前まで行き、ヒュッレム妃を呪う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました