オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第3シーズン 第62話

歴史

皇女シャーの側人メルジャンは、夫ルトフィーに推薦され、内廷宦官長になる。スンビュル宦官は追い抜かされ、悔しがる。

マルコチョールは、皇女ハティジェに手紙を送り、好意を受け入れられないと言う。

リュステムは、皇女ハティジェの館に、皇帝を招き、イブラヒムの遺産を持ち出しているのを目撃させる。

皇女ハティジェと皇女シャーは、皇帝に叱られる。そこに、マルコチョールが現れ、皇女ハティジェらから、イブラヒムの遺産を引き取りに来たと報告する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました