オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第3シーズン 第54話

歴史

皇帝のイタリア遠征は思い通りにいかず、ベネチアがオスマン帝国に反旗をひるがえし、アヤス大宰相の見通しが甘かったことが分かった。

遠征軍は、フズル提督がコルフ島を海上から砲撃。皇帝たちは、その様子を見守る。

マルコチョールと皇子メフメトが帰ってきて、皇帝を前に、皇子メフメトの勇敢な話が出される。その様子を皇子セリムが聞く。

ヒュッレム妃は、皇女シャーと会談。奴隷は奴隷論を言われ、侮辱されるヒュッレム。

皇女シャー一派の活躍で、ヒュッレム妃の側女が殺される。

皇女ハティジェと皇女シャーは共闘の形をとる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました