オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第3シーズン 第47話

歴史

皇帝は、アナトリア県軍政官ルトフィーに、宰相の位を与える。リュステムは、それを見て悔しがる。大宰相アヤスに、自分を推薦しなかったかを聞くと、皇帝が力不足だと語った。

ルトフィーが首都勤務になり、妻の皇女シャーは、皇帝正妻ヒュッレムと対立する。マヒデブランは、ハティジェに、シャーを自陣に入れるよう言うが、ハティジェは、定見をもたない姉シャーは危険と言う。

タフルジャルは、皇女ミフリマーフの手紙を受け取るが、マヒデブランにとられ、危険だと言われる。

マルコチョールは、首都に戻り、マトラークチュやタフルジャルと酒をかわす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました