オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第3シーズン 第42話

歴史

側女ファトマは自殺する。

大宰相イブラヒムは、子どものころの、船で連れて行かれたときのことを思い出す。

大宰相イブラヒムは、公使からもらった、マキャベッリの呪われた書、君主論を読む。オスマン帝国は、皇帝の血を絶やせば終わりと書かれており、著者は、イブラヒムのことを知らないのではないかと言う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました