オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第3シーズン 第27話

歴史

フィルーゼは、リュステムの計略にはまり、落馬する。リュステムは、フィルーゼの息の根を止めようとするが、フィルーゼの首の印に目が行き、助ける。

イブラヒムは、フランスの使節と通商交渉をする。使節は、大宰相イブラヒムの言動が皇帝の怒りを買うと予感する。

イブラヒムは、リュステムのフィルーゼへの事故に疑問を感じ、叱責する。

皇帝は、皇子ムスタファと皇子メフメトと散歩に行く。皇子二人は、メフメト大帝の規則、皇帝になった皇子は、他の皇子を殺めてもよい、という言葉について話し合う。

皇子ムスタファは、皇子メフメトに、弟たちを殺めることはしないと言う。皇子メフメトは、突然矢を受けて倒れる。

皇子メフメトの負傷に、皇帝とヒュッレムは、怒り涙する。皇帝は下手人を探させるが、下手人は殺されていた。

皇帝やヒュッレムは、皇子ムスタファが皇子メフメトを殺めたと想像する。皇子ムスタファは、商人アッバスが犯人だと言う。

ニギャールは、マトラークチュに案内され、娘カデルと面会する。そこに皇女ハティジェと出くわし、娘カデルと会わないように言われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました