オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第2シーズン 第59話

歴史

側女ノラは、皇子ムスタファを愛し、とどめの毒を飲ませることはなかった。その結果、皇子ムスタファは助かった。

ヒュッレムは、側女ノラが皇子ムスタファに魅かれたことを知り、罵るが、別の方法で側女ノラをつなぎ止めることにした。

マトラークチュは、イブラヒムのスパイとして、教団に潜りこんでいた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました