オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第2シーズン 第57話

歴史

ヒュッレムは、非を認め、皇子ムスタファに謝罪する。

マトラークチュは、イブラヒムに、教団への補助金を撤回したことに不満の意を表明。

マトラークチュの父は、教団幹部だったため、教団への出入りを再開する。

側女ノラは、マヒデブランに追い詰められ、マヒデブランに、ヒュッレムの弱みを知らせる。その情報とは、皇子ムスタファがアイビゼと結婚しないように、アイビゼとマルコチョールをくっつけることだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました