オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第2シーズン 第48話

歴史

皇后は、ダイェが裏切ったことを知り、ダイェを普通の女官に落とす。ヒュッレムはダイェを心配するが、ダイェは引退せず、皇后を見守ると発言。

ギュルシャーが次の皇后付き女官兼後宮出納長に任命される。女官に絶対服従を求める。ギュル、スンビュル宦官長は、くやしがる。

ギュルシャーは、ダイェに、困難な仕事をさせる。それを庇うニギャール女官長。ニギャール女官長を振り払ったギュルシャーに、ダイェは張り手を食らわせる。

ダイェは、追放処分になるが、ヒュッレムがそれを止めさせる。

マヒデブランは息子ムスタファのために、宴を開く。ヒュッレムが放ったスパイ、ノラがムスタファのお気に入りになる。

マヒデブランは、ヒュッレムに何度悔しい思いをしたかと、皇子ムスタファに吐露。ムスタファは、皇帝がいるヒュッレムの部屋に入り、皇帝と語る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました