オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第2シーズン 第46話

歴史

皇后派の側女たち。宦官ギュルを監禁。

ヒュッレム派の側女たちの給金を盗み、皇子ムスタファの側女に罪を着せる。

皇子ムスタファの側女は、宦官から追放処分の命令を聞かされ、油で焼身自殺をする。

皇后派の側女は、一連の事件はヒュッレムのせいだと煽り、ヒュッレムの部屋へ向かう。

アイビゼは、いち早くヒュッレムの部屋へ行き、危険を報告。アイビゼが通せんぼして、時間を稼ぐ。

ダイェは、側女の部屋がバリケードを組んでいたため、それらを排除して、ヒュッレムの部屋へ急ぐ。

ヒュッレムの部屋が開き、皇后派の側女が雪崩込む。ヒュッレム派の側女がやられ、ヒュッレムは一人立ち向かうが、部屋の片隅に追い込まれていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました