オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第2シーズン 第33話

歴史

皇帝は、ヒュッレムを追放することを決意。

ヒュッレムは、ミフリマーフとともに別の館へ向かう。

イブラヒムは、ハティジェにニギャール女官長の手紙がバレそうになるのを必死に止める。ハティジェは手紙を見ることはなかった。

皇帝は、マヒデブランを夜伽に呼んだ。しかし、寝ることはなく、終始、皇子たちの割礼式についての話に触れるだけ。マヒデブランは愛を語りあいたいのに、できず憤る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました