オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第2シーズン 第30話

歴史

オーストラリア大公フェルディナントがハンガリー国王として戴冠する。

皇帝は、イブラヒムを最高司令官に任命。皇帝がいる間は、イブラヒムの命をとらない勅令を発す。

オスマン帝国軍は、ウィーンに向けて進軍する。マルコチョールは、ハンガリー王国の王冠を奪い返した。

サポヤイをハンガリー国王として戴冠する。

ウィーンでは、神聖ローマ帝国皇帝カール5世が、大砲7台、兵2万、騎兵2千で守りを固める。

マヒデブランが、慈善活動をしたので、ヒュッレムは張り合うため、カーバ神殿に喜捨することを長老に提案する。しかし、長老は、ヒュッレムが喜捨することを認めない。

ニギャール女官長は、ハティジェ付きになることになり、レオの手帳をマヒデブランに奪われる。

マヒデブランは、ロシア語が分かる皇后に渡し、皇后はレオの手帳でヒュッレムを揺さぶる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました