オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第2シーズン 第28話

歴史

皇帝は、ヒュッレムの行状を許す。

マルコチョールを小姓頭に任命。イブラヒムは、にがにがしく思う。ヒュッレムはマルコチョールを頼みにする。

皇女ハティジェは、占い師の話を鵜呑みにし、イブラヒムと自分の将来を憂う。しかし、この占い師の言葉はヒュッレムによる作り話だった。

皇后は、ヒュッレムをこらしめるため、ヒュッレムの側女を解任、馬アシェクを短刀で殺す。

ヒュッレムは怒り、短刀を持って、皇后の前に出る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました