オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第2シーズン 第25話

歴史

皇帝は、夜伽に、王女イサベラを呼ぶ。イサベラは黄金の道を渡る。それをヒュッレムがにらみつける。

翌日、皇帝は王女と馬を乗る約束をする。ヒュッレムは、側女に命じて、王女イサベラの馬に細工をする。王女は落馬しケガをする。皇帝が王女を抱え上げる。

マルコチョールは、スメラエボへ。そこで弟と再会。幼なじみの女にキスをされるも拒む。

王女は、ミスライーフとあいさつするも、ミスライーフは王女とあいさつをしてはいけないと放言。皇帝はヒュッレムにあるべき妃像を求める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました