オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ 第2シーズン 第24話

歴史

ニギャール女官長は、ヒュッレムと皇后の命令で、後宮女官のままでいることが許される。

ハティジェは、ニギャール女官長に、ベッドにあったスカーフを返し、あったことを忘れるように言う。

スレイマンは、娘の首に、王女に渡したペンダントがあることに気づく。

ハティジェの家に、王女、スレイマン、ヒュッレムが集まる。ヒュッレムは王女がまだいることにビックリする。

スレイマンは、王女にペンダントを返す。ヒュッレムは、王女に詰め寄り、スレイマンを好きになったか問う。王女は好きになったと答えるところをスレイマンが聞く。

王女は、後宮に入り、ニギャール女官長が後宮に血の雨が降ることを予言する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました