やまとなでしこ 無料

ドラマ

欧介の実家、魚春の差し押さえを防ぐため金策に奔走するが、徒労に終わる。桜子は、若葉から魚春の土地に東十条の病院が建つことを知らされるが、気にも留めない。

その頃、得意先で馬主の六助に持ち馬が全く勝てないと相談される。数式を駆使し99.9%勝率が出た。そして週末、馬主席に招待される。

その頃、欧介の母が倒れ、慶明大学付属病院に入院する。目が覚め桜子のことを知らない母は、雪子と間違うが、桜子は機転を利かし雪子のフリをする。

桜子と東十条は着々と結婚の準備を進めていく。そんな中、欧介は大学教授の黒河が訪ねてくる。黒河が欧介にMITに戻らないかと。

桜子は、東十条に父を紹介せざるをえなくなり、父に上京してもらい、桜子が作った質疑応答のマニュアルを覚え、高価な服を用意したが喧嘩になってしまう。しかし、娘の幸せのため、桜子の希望通りにマニュアルをこなす。

欧介が結婚前のパーティーを開いた。酔っぱらった桜子が欧介に「相手は貧乏じゃないといけないの?」と絡み、「今度は逃げるなよ」と言い放ち倒れこむ。

次の日、欧介は、黒河教授のすすめでニューヨークに渡る。その頃、桜子は東十条に、別れを告げる。「私は、あなたを愛してはいない」と。

そして、桜子は、欧介を追いかけニューヨークまで行き、欧介のいる大学のベンチで待つ。「大切なものを待っている。お金より大切なことがあるということをある人から教わった」と。

そんな桜子を見つけた、欧介は困惑するが、桜子は「お金に換えることができない大事なものに気づいた」と話し、アンティークのカメレオンを渡し去ろうとした。

欧介は桜子を呼び止めカメレオンを投げ「持っていてください。今度は逃げません」好きだと告白する。そして、二人は結ばれる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました