いくさの子 ‐織田三郎信長伝‐ 1 無料

マンガ

織田信長の少年時代、吉法師と呼ばれていた時代。

信長は、海賊に襲われ、捕虜になる。鬼源太という海賊は、吉法師を一千貫で信長の父親に売ろうと考えた。

しかし、吉法師はそれでは安いと言う。足の指で一万貫だと言う。河童という海賊は、吉法師は噂に聞くバカだと笑う。

一緒に捕らえられた西洋人のフランシスコは笑っていなかった。自分の身代金を高くするのは、世界の王カエサルと同様の行いだと。

信長の父は一万貫で信長を買い戻した。その後、海賊の髑髏砦は、どんちゃん騒ぎ。その中、信長は砦に帰ってくる。信長は一万貫を手に入れるために身代金を高くしたのだ。

同じ捕虜を解放し、仲間に。それから同郷の仲間とともに海賊と戦う。フランシスコが持ってきた大砲で船を破壊。

信長が欲しがった長い手を手に入れた瞬間だった。

このコンテンツは、kindle unlimitedで見られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました