ある公爵夫人の生涯 無料・あらすじ・ネタバレ

歴史

スペンサー家のジョージアナは、デボンシャー公爵と結婚する。

初夜、デボンシャー公爵との無言セックスに、ジョージアナは不満。

デボンシャー公爵は、自由を推進するホイッグ党を支援。ホイッグ党のフォックスの演説にうんざり。

ある日、デボンシャー公爵は、少女シャーロットを住まわせる。公爵の私生児だった。

ジョージアナは、若きホイッグ党のジョージ・グレイと親しくなる。

6年後、ジョージアナは、女の子を産み続ける。未亡人エリザベス・フォスターと仲良くなり、邸で一緒に住む。

エリザベスは、公爵と仲良くなり、ジョージアナは、グレイと恋仲に。公爵は怒り、ジョージアナを手籠めに。ジョージアナは男子、ハーティントン侯爵を産んで、公爵から自由に使える小切手をもらう。

その小切手でグレイと楽しむ。グレイとの仲は、社交界で噂になり、母親から、グレイと別れるように言われる。ジョージアナには、グレイとの間に娘ができ、娘をグレイ家に渡す。

ジョージアナは、グレイと別れる。グレイは、後、首相に。エリザベスは、ジョージアナの死後、公爵夫人になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました